>> 【受講生募集中】 オンラインレッスンをはじめました。

during, while, meanwhile使い分け

during、while、meanwhile の3つの単語、うまく区別できますか?
いずれも出来事Aと出来事Bが同時に起こっていることを表したいときに使える単語で、「〜の間に」の意味で使えます。

最初に使い分けを簡潔にまとめるとこのようになります。

  • duringは前置詞。うしろに名詞が来る。
  • whileは接続詞。1つ文中で2つの節をつなぐ。
  • meanwhileは接続副詞。2つの文をつなぐ。

以下、わかりやすく解説します。

スポンサードリンク

during

「〜の間に」の意味。
前置詞のため、必ずうしろに名詞がきます。

I felt confident during the interview.
面接の間、自信を感じました

一目瞭然、the interview は名詞ですね。

while

「〜の間に」の意味。
接続詞のため、名詞だけをうしろにもってくることはできません。うしろには主語と動詞を含む節がきます。

The dog barked while the thief entered the house.
泥棒が家に侵入している時、犬が吠えた

the thief entered the house と主語と動詞がある節がうしろに来ていますね。さらに、次の文を見てください。

I ran while I was listening to music.
音楽を聴いている間、ランニングをしました。

このように、主節とwhile節の中の主語が同じ場合は、while節のI とamが省略可能です。

I ran while listening to music.

ただし、whileのあとを動名詞のみにした文章はフォーマルな印象があります。カジュアルとフォーマルの場面で使い分けすると良いですね。

スポンサードリンク

Meanwhile

「〜の間に」を意味し、2つの出来事は全く違う場所で起こっている意味合いがあります。

接続副詞。2つの文をつなぐ役割をします。1つ目の文章をピリオドで終わらせ、その後にMeanwhile で2つ目の文章を続けます。Meanwhile の後には必ずカンマが入ります。

Tom was working. Meanwhile, we were having a party.
トムは働いていた。その間、 私たちはパーティーをしていた。

いかがでしたか?理解が少し明確になった気がしませんか?この記事が参考になったら幸いです。
なお、接続詞と接続副詞の違いってなに?と思った方は次の記事も合わせて読むとよくわかります。

butとhoweverの使い分け

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です