>> 【受講生募集中】 オンラインレッスンをはじめました。

【リラックスの意味も】sit upとsit backの使い方

文字通りの意味に捉えると、 sit up は「背スジを伸ばして座る」、sit back は「背もたれに寄りかかって座る」になりますが、これらの二つのフレーズは比喩的な意味で少し意外な使い方をされることがあります。今回はこれらの意外な使用法について解説します。

スポンサードリンク

sit up

文字通りの意味だと「背スジを伸ばして座る」の意味。子供がダラーンと椅子に座って食事をしていると母親から “Sit up straight!” と言われたりしますが、これは「ちゃんと座りなさい!」の意味。このイメージから派生して比喩的に使われることがあります。

急に注目し始める

何かに気づいて興味を惹かれた時、背筋を伸ばして見つめますよね?このことから sit up は比喩的に急に注意を払い始めることに使われます

The success of the movie made everyone sit up and take notice of the unknown director.
その映画の成功により、皆がその無名の監督に注意を払い始めた。

寝ないでいる

「背筋を伸ばして座る」と寝れないですよね。このことから、しばしば寝ないことの比喩表現として使われます。

I sat up late watching the movie.
夜遅くまで寝ないで映画をみた。

sit up には「腹筋」の意味も
sit upには「まっすぐ座る」以外に「寝ている姿勢から座る姿勢に起き上がる」の意味もあります。このため、文脈によっては「腹筋」の意味として使われることもあります。

do some sit-ups=「腹筋をする」


sit back

文字通りだと「背もたれに寄りかかって座る」の意味ですが、このイメージから派生して比喩的で使われることがよくあります。

リラックスする

「背もたれに寄りかかる」というのは、つまり体が休んでいる状態ですよね。このことから「リラックスする」の意味で使われることがあります。

It’s Sunday, so I decided to sit back and do nothing.
日曜日なのでリラックスして何もしないことにしました。

何のアクションも取らない

「背もたれに寄りかかる」というのは、つまり動かないわけですよね。このことから「問題などに何の対処もしない」意味にも使われることがあります。

Many people were panic-buying packs of toilet paper due to the news, but I just sat back and led my normal life.
多くの人がそのニュースによりトイレットペーパーを買いだめしている中、私は特に対処せずに日常生活を送った。

スポンサードリンク

まとめ

最後にもう一度おさらいしてみましょう。

  • Sit up:「背筋を伸ばして座る」
    ⇨①「急に注目し始める」
    ⇨②「寝ないでいる」
  • Sit back:「背もたれに寄りかかって座る」
    ⇨①「リラックスする」
    ⇨②「何のアクションもとらない」

今回の記事はいかがでしたでか?文字通りの意味で使われないことがあるものの、元々のイメージから連想しやすいので比較的覚えやすいのではないでしょうか。ぜひ日常会話に取り入れて自分でも使ってみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です